ロイヤラクチン

生ローヤルゼリーと調整ローヤルゼリーの違い

ローヤルゼリーは体に良いという事で、古くから食品やサプリメントとして扱われており、人間の体には貴重な栄養素を供給してくれるものになります。
現在、加工の仕方によっては、生タイプと調整タイプに分けられており、それぞれで使用する用途により異なります。

色々なタイプに加工されている物でも、一番良いとされている物が、生タイプです。
生タイプはローヤルゼリーを採取したそのままの状態というイメージですが、実はそうではありません。
生と言っても、しっかりと殺菌工程はしてあるので、安心してそれらを摂取する事が可能なのです。
しかし、この生タイプの場合、最低限の殺菌工程を得ているのですが、生の状態なので、普通のタイプよりも消費期限が短くなっているのです。
消費期限は短くなっていますが、含有している栄養素は豊富であるため人気の食品です。
また、生タイプの場合では、保存方法に気を付けなければいけません。
普通の状態よりもデリケートな分、保管や管理は厳重にしておきましょう。
生タイプのローヤルゼリーは、普通の状態の物よりも、吸収効率が良く、効果が出るまでに掛かる時間が短くなりますが、効果が実際に出てくるまでには個人差があるので、誰でも同じという訳ではありません。

また、生タイプの物を摂取する場合、カテキンとの同時摂取は避けましょう。
ローヤルゼリーの成分の吸収をカテキンが抑制してしまうからです。

一方で、調整されたローヤルゼリーは、他の物の有効成分を混ぜ合わせた物になり、生タイプと比較すると純粋な物ではありません。
これの利用は、主に美容効果で利用されています。
ローヤルゼリーの効果の他に、違う効果も欲しいという方のために、それ以外の成分を混ぜ合わせて調整しています。

この調整された物を使用するのは、美肌効果や、アンチエイジング効果を求めている方に最適なものが存在しており、化粧品として販売されています。
スキンケア用品としても注目されているので、今後もこのような製品が増加します。